本日 125 人 - 昨日 180 人 - 累計 286083 人
RSS

新年にあたり自身への年頭所感

皆様、遅ればせながら、新年を迎えるにあたり
自身に対しての年頭所感です

僕ごときが一人で考えてもどう行動しても
どうにもならないのはわかっているのですが
この国の将来が心配でなりません
将来の年表という本を目にしてついつい内容を
見たところ、正に日本の将来にとって良い話が
全くないことに、愕然として、僕が想像していた
速度をはるかに超えて、消滅の危機が迫っている
ことに、何か笑っていられない自分がいました

日頃から、介護現場で人手不足や疲弊した職員の
顔をみて仕事をしている為か、人並以上に危機感
を持っているのだと思います。今、株価が上がった
なんて喜んでいる人がいるとしたら、申し訳ないが
ぬか喜びだと思います。問題は景気などというもの
ではなく、国の基である国民の数が激減するという
ことはすべての産業にも影響があり、今後、日本と
いう国が、多民族国家になっていくか、消滅するか
どちらかしかないように思うしかないのです。
100年後には人口が5000万人くらいになってしまう
という試算がありました。今から100年前というと
明治時代で、そのころ生を受けた人がまだ生きて
らっしゃるわけですから、今生まれた人が充分
自分の目で見ることのできる将来の日本ですよね

この国の存亡の危機は、今から回避できるかどうか
僕にはわかりませんが、せめて自分のできる事を
何とかしたいと思い。今年の僕のやるべきことを
考えました。
僕にできる事は少ないですが、高齢者のお世話をする
職場に居るので、高齢者の方々との生活を豊かに
するため、僕の職場で働く若い方々の支援に重点を
おき、そんな若い方が充分に安心して子育てができる
職場にするにはどうしたらよいか、今年一年かけて
考えて、来年以降に実際に動き出したいと思ってます
考えていることは既に幾つかあるので、実行に移す
にはどうしたらよいか、考えていきます。

僕の力はちっぽけですが、何もやらないよりはましだ
と思います。戦後の日本の急成長を経験してきた人々が
まだ残っているのですから、今のうちにその時の事を
思い出し、何とか将来の自身の孫子の為に、なんとか
したいと思います。

キーワードは『安心して産休育休とれる職場、たとえ男でも』

何はともあれ、今年一年、やれることを精一杯やるだけです
そして、音楽のことも忘れたわけではなく、こちらも今年は
頑張りたいと思ってます。
関係する皆様、よろしくお付き合いお願いいたします

皆様に採りまして、実りある年になりますように
お祈り申し上げます

以上、僕の独り言でした♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):