本日 92 人 - 昨日 142 人 - 累計 264602 人 サイトマップ
RSS

柏崎は雪国?

2018年02月06日
皆様、おはようございます

僕はまるで夢を見ているようで
朝、窓の外を見ると一面真っ白
まあ、綺麗な景色です絵文字

さて、見なかったことにしてまた寝よう~
なんてことはできずに、すぐ起きて一人雪合戦

DSC_0277

車のところまできたらこんな感じです
眼の前に、壁のように立ちはだかる雪
壮観ですなんて言ってられず、すぐさま
芸術作品ともいえるような白いオブジェを
取り壊しにかかります
相手も居ないのに、雪を投げては積み、また投げて
でも、みるみる積もってくるし~なんて感じです

ちゃっと孤独を感じるところが実はあまり嫌いでは
ないのですが、さすがにうんざりします

家の前の道路は除雪車が入ってくれるので
車は通れますが、そこに出るたった2~3メートル
が僕の格闘の場です。

雪国に住んでらっしゃらない方はあまり経験ないでしょうが
雪かきの時は防寒着の中は薄着でないと汗びっしょりです

まあ、何とか車の出入り口を確保して道にでると
映画「十戒」の海の割れるシーンみたいに
雪の道が出来てます~ちゃっと気持ちいいです

DSC_0283

真剣に雪と闘っている人には怒られるかもしれません

ここ数年、柏崎は冬も雪があまり降らず雨が降ったり
していたので、すっかり雪国という認識が薄れて
いましたが、やはり日本海側という天気予報用語の
地域という事を思い知りました
しかしながら、雪に慣れていない地域の方々にとっては
たった5センチでも、大問題ですからお察しいたします

まだまだ、続く闘雪、がんばります
しかし、みんな何とかして職場に来て、これから
デイサービスのお迎えを当たり前のように仕事と
してこなす職員はたくましいです

是非、政治家の皆様、雪国減税か、冬季手当の創設を
お願いしたいところです

それぞれの地域でも気温が低く大変な思いをしてることと
思います。ですが太陽の偉大さを早く思い出したい気分です

皆様、こんな寒い日ですが、良い一日を

皆様、雪害お見舞い申し上げます

この度の寒波は久しぶりに凄かったですね
もう一ヶ月くらいは真冬なので
覚悟はしておきたいですね

さて、そんななかでもライブはやります

長岡クックテールクボタでライブします

クックテールクボタ

寒いなかですが、よろしかったらお越し下さい
お待ちしています

ライブのご案内

2018年01月18日
皆様、ライブのご案内です
師匠、福田さんもTRIO’でご一緒している
森 泰人さんがスウェーデンから素晴らしい
ピアニストをお連れして、ライブツアーします
今回は、長岡、新潟でもライブがあります
何とも素晴らしいピアノトリオなので
ジャズファンのみならず、是非聴いていただきたい
ライブです。よろしくお願いいたします

25498207_1150654031731375_2324384642281431509_n26731382_10213466432589419_8608775465184373632_n

寒かったり暖かかったり、はっきりしない冬ですね
体調崩されませんよう、春をまちましょう

良い一日をそして良い週末を

それから今週末は新潟ジャズストリート

こちらも、よろしくお願いいたします♪

豪雪お見舞い

2018年01月13日
皆様、雪にやられましたね

ここ数年、新潟は雪国では無いのかと
思うほど、雪が少なく、むしろ首都圏
に雪が降り、びっくりしていたのですが
今年の新潟は雪国です

皆様のお住まいの場所はいかがですか?

かなりの量の雪が降った場所もあるようですね
ですが、昭和の時代に比べれば何てこと
ない雪なのですが、慣れは怖いですね

数十センチ積もると、大雪と思ってしまう
昔、2階から出入りするほどの大雪の常識
が、今は伝説になりつつありますね

とは言うものの、やはり雪はスキー場だけに
お願いしたいです(笑)

久しぶりに雪かきという良い運動をさせて
頂いており、この後の筋肉痛を楽しみに
しております

雪に見舞われ、大変な思いをされている方々に
お見舞い申し上げます

特に、街でお見かけする高齢の方々の雪かき
姿に、仕事柄もありますが、ドキドキしてしまいます

くれぐれもご無理のないように
そして、御安全に

あと2か月もすれば、春になると

少し、目線を先に移し、やりすごしたいですね

では、皆様 良い週末を♪

皆様、遅ればせながら、新年を迎えるにあたり
自身に対しての年頭所感です

僕ごときが一人で考えてもどう行動しても
どうにもならないのはわかっているのですが
この国の将来が心配でなりません
将来の年表という本を目にしてついつい内容を
見たところ、正に日本の将来にとって良い話が
全くないことに、愕然として、僕が想像していた
速度をはるかに超えて、消滅の危機が迫っている
ことに、何か笑っていられない自分がいました

日頃から、介護現場で人手不足や疲弊した職員の
顔をみて仕事をしている為か、人並以上に危機感
を持っているのだと思います。今、株価が上がった
なんて喜んでいる人がいるとしたら、申し訳ないが
ぬか喜びだと思います。問題は景気などというもの
ではなく、国の基である国民の数が激減するという
ことはすべての産業にも影響があり、今後、日本と
いう国が、多民族国家になっていくか、消滅するか
どちらかしかないように思うしかないのです。
100年後には人口が5000万人くらいになってしまう
という試算がありました。今から100年前というと
明治時代で、そのころ生を受けた人がまだ生きて
らっしゃるわけですから、今生まれた人が充分
自分の目で見ることのできる将来の日本ですよね

この国の存亡の危機は、今から回避できるかどうか
僕にはわかりませんが、せめて自分のできる事を
何とかしたいと思い。今年の僕のやるべきことを
考えました。
僕にできる事は少ないですが、高齢者のお世話をする
職場に居るので、高齢者の方々との生活を豊かに
するため、僕の職場で働く若い方々の支援に重点を
おき、そんな若い方が充分に安心して子育てができる
職場にするにはどうしたらよいか、今年一年かけて
考えて、来年以降に実際に動き出したいと思ってます
考えていることは既に幾つかあるので、実行に移す
にはどうしたらよいか、考えていきます。

僕の力はちっぽけですが、何もやらないよりはましだ
と思います。戦後の日本の急成長を経験してきた人々が
まだ残っているのですから、今のうちにその時の事を
思い出し、何とか将来の自身の孫子の為に、なんとか
したいと思います。

キーワードは『安心して産休育休とれる職場、たとえ男でも』

何はともあれ、今年一年、やれることを精一杯やるだけです
そして、音楽のことも忘れたわけではなく、こちらも今年は
頑張りたいと思ってます。
関係する皆様、よろしくお付き合いお願いいたします

皆様に採りまして、実りある年になりますように
お祈り申し上げます

以上、僕の独り言でした♪

次の5件 >>